Dom quote

Dom quote

The Michelin Guide has consistently awarded more stars to Tokyo dining establishments than any other city in the world. I created this blog as my personal Tokyo restaurant guide, but I hope you will also enjoy reading it. If you have been to any of the same places feel free to leave some comments about your own experiences.



Search for location or cuisine

Google

Thursday, 26 June 2008

Kunugi Teppanyaki Westin Miyako, Kyoto くぬぎ鉄板焼き ウェスティン京都

This post comes from fellow foodies and special guest bloggers, Elie and Kerrie Khoury:

Took the bullet train from Tokyo to spend a few nights in Kyoto at the Westin Miyako. Whilst there we planned to take in the sights and sample the cuisine. Fortunately on our first night we decided to book at the Kunugi Teppanyaki restaurant at the Westin Hotel. I must say from the outset the food was well presented, chefs and waiting staff efficient and attentive and all the indications were for a great evening out.

This was traditional Teppanyaki, with lots of great food but the restaurant was short on ambience. That did not matter at the end of a fabulous dining experience.

After much soul searching, we chose the Kunugi chef special set menu at about 18900 Yen/ head. There were other set menus ranging up to 34900 Yen / head depending on your preferences for king prawns and abalone etc... We were not disappointed with our choice.

Our chef proceeded to cook our meal after briefly inquiring whether we liked garlic (and plenty of it) to which we answered in the affirmative.

The first course consisted of a lovely egg custard, covered with a layer of jelly, with caviar and scallops set into the jelly itself...Very tasty, well presented and a great way to start the evening. We progressed to a beef tenderloin carpaccio served with clear noodles and a light soy. Our third course was sea bream with its skin cooked to crispy perfection and served with bok choy, garlic oil and lemon slice. Our very helpful waiter then proceeded to confuse and dazzle us with ten different types of salt from all over Japan/ Tibet/ Pakistan/ France/ Australia....you get the picture. Each type of salt had its own special characteristics of course. Quite impressive I must say!

Course four consisted of a whole lobster each cooked simply in garlic butter and presented with asparagus. Simple but effective and visually stunning. This was the course of the evening for myself and my wife. The flavours were sensational! Would have been very happy to stop there but the food kept coming.

The fifth course consisted of 130 gram of beef sirloin cooked to perfection. This was accompanied by vegetables- pumpkin, mushroom, onion, eggplant and a green salad. Needless to say the meat was tender and melted in my mouth...another great dish.

Barely had time to recover with miso soup and it was on to the next course of fried rice with egg, minced garlic, beef, spring onion, and butter served with a brown tea.

We seriously had NO ROOM for dessert but managed to down a fairly basic chocolate icecream cake with champagne jelly, strawberry coulis and pineapple and rockmelon. WOW!

Overall great value Teppanyaki, seriously worth a look and the trip from Tokyo.

くぬぎ鉄板焼き (ウェスティン京都)

新幹線で京都まで足を運んだ私たちはウェスティン京都に宿をとることにした。今回は観光が目的だか、料理を楽しむことも忘れてはいけない。最初の夜は、ウェスティン都ホテルにある「くぬぎ」という鉄板焼きレストランで食事をすることにした。食事の盛り付けからサービスまでどこを見ても素晴らしく、よい夕食をしたいならここは打ってつけのレストランだ。

この伝統的な鉄板焼き料理(具もふんだんにつかっている)を出すレストランにしては、やや小さい気がするが、レストランを出るときには、すっかりそんなことも忘れて楽しい食事ができた。

いろいろ迷ったが、18,900円のくぬぎシェフ・スペシャル・セットを選ぶことにした。ちなみに一番高いコースは34,900円でクルマ海老やアワビが堪能できるようだ。とにかく、先に言うが私たちが選んだコースに何の不満も感じなかった。

シェフは、料理を始める前に私たちがどこの出身なのかやガーリックが好きかどうかを聞くだけで、それ以外は特にいなになく作業を始めた。

最初に出されたのは、ゼリーで作ったキャビアやホタテが贅沢に使われたものが盛られた卵のカスタード。この日の夕食を飾るには最高のスタートとなる絶品であった。次に用意されたものは、牛のテンダーロイン(腰の軟肉)のカルパッショと大豆のヌードル。三番目に出されたものは焼き魚(鯛)で、カリカリに焼けていたので味が絶妙。これがガーリックオイルとレモンスライスで仕上げた白菜が一緒に添えてありこれもよく合っていた。これに世界から厳選された10種類の塩が巧みに使われていくのをみて驚きを隠せなかった。それらは日本のものはもちろん、チベット、パキスタン、フランス、オーストラリアなどから取り寄せたものだそうで、それぞれ独特の味で非常に印象深かった。

次に用意されていたロブスターは、ガーリックとバターで調理されておりアスパラガスが一緒にそれられていた。シンプルではあるが、見た目からもきれいでとても美味しかったことに驚かされた。ここでたとえコースが終わったとしても十分満足できるものだったが、まだ次があった。

130グラムのサーロイン・ステーキで絶品であった。ステーキと一緒にかぼちゃ、マッシュルーム、玉ねぎ、なすびにグリーンサラダと野菜も盛りだくさん用意されていた。繰り返すまでもないが、ステーキはやわらかく、舌の上でとろけるような非常によい肉を使っていた。

コースの最後を飾ったのは、焼き飯とお味噌汁。焼き飯には、たまごやガーリック、ビーフに玉ねぎをバターで仕上げたもので、お茶も用意されていた。

本当にお腹がいっぱいでデザートまではと思ったが、だされたチョコレートアイスクリームにお酒(シャンパン)のゼリー、イチゴのクーリに、パイナップルとロックメロンを二人で食べつくした。

東京からわざわざ足を運んでも、この鉄板焼きなら十分価値のあるレストランだと言えるだろう。

http://www.westinmiyako-kyoto.com/rest/kunugi.html
Tel: 075-771-7111

No comments: